Webデザイナーwyeです。「ちょっとお茶」の気分でphotologなどご覧くださいませ
そのセンダン(栴檀)は芳しくない、かもしれない
 
f0029921_1622514.jpg

センダン(栴檀)の花が満開です。
全体を見ると薄い紫に見えるのですが、実際は、真ん中が紫で花びらはほとんど白です。

品川駅近く。東洋水産横の橋のたもとに、ひょろひょろと小さめのセンダンの木をみつけました。センダンの木は大きいものが多く、しかも、花びらが細くてなかなかきれいに撮れずに、いつもがっかりしていたのですが、これなら、とがんばってみました。

f0029921_1623374.jpg

↑ 昨日撮ったものです。台風後では散ってしまうかと、出勤時撮影。

↓ 25日には、2箇所で満開の巨木を見ました。

f0029921_1624177.jpg

↑ 横浜 金沢自然公園。只のもわもわした紫色にしか見えず、がっかりな写真。センダンの花にはアゲハチョウがよく訪れるのだそうで、確かに、きれいな小ぶりのアゲハが3羽、5羽とヒラヒラしていました。しかしなにゆえアゲハチョウ? モンシロチョウやモンキチョウはこないのかしら。不思議です。

↓ 横浜 金沢動物園。
アラビアオリックスとキリンと、そしてセンダン。
f0029921_1623728.jpg


f0029921_1623039.jpg

「栴檀は双葉より芳し」といいますよね。
栴檀は双葉のころから香気を放つことから、大成する人は幼少のときから優れているというたとえです。

数年前、鎌倉の由比ヶ浜、鎌倉市体育館あたりで最初にセンダンの木を見たときに、思いきり木や葉に向かってくんくんと鼻をきかせてみました。見ていた人にとっては、さぞかし不思議な姿だったことでしょう。しかし、なんの香りもなく、センダンを見るたびに「双葉より芳しなんだけどなあ」といっていました。

当時調べたときにはわからなかったのですが、昨日、謎は解明されました!
「双葉より芳し」の栴檀は、香木の白檀(ビャクダン)のことだそうです。
「白檀」は中国名を「栴檀」というのだとか。
それでは、センダンに匂いが無くても納得できます。
つまり日本的にいったら、「白檀は双葉より芳し」ということになりますね!
[PR]
by wyenu | 2011-05-28 22:10 | photolog
<< バラ(薔薇)の花 「ガウラ」じゃ、あんまりじゃあ... >>
<excite  ブログトップアウト