Webデザイナーwyeです。「ちょっとお茶」の気分でphotologなどご覧くださいませ
季節は移り変わり
 
2770年3月と4月の写真

季節は移り変わり、既に5月も下旬となりました。
桜、ヒメオドリコソウとホシノヒトミ、チューリップ、菜の花、菫と春の始まりの花が咲き、あっという間のゴールデン・ウイーク。


2770年4月と5月の写真

白い帽子をかぶった子ネコと遭遇し、藤が咲き、桜の木に実がなって(チェリー!)、海岸ではウインドサーフィンと子供が水遊びをはじめ、ヒメツルソバが石垣にびっしり咲き、ツバメが今年も軒先にいる子ツバメに餌を運び、ブラシの木は満開。センダンとエゴの木もきれいな花を見せてくれています。

時はめぐり、季節はめぐり、花は咲き・・・。
同じようで同じでない今日を生きています。


[PR]
# by wyenu | 2007-05-25 23:28 | photolog
梅が咲きました
 
f0029921_20481651.jpg


f0029921_2047287.jpg

横浜市金沢動物園の植物区に行ってきました。梅が見頃になっています。
八重咲きと一重咲きの紅梅と白梅が、山の斜面を春色に染めていました。梅の咲く頃というはまだ北風が冷たいので、お花見→宴会という図式にならず、その分、ゆったりと花を愛でることが出来る気がします。

メジロは、まったくもって漫画のようにまん丸の目で、忙しく梅の花の間を飛び交います。梅の花の蜜は、どんなにかおいしいのでしょうね。


[PR]
# by wyenu | 2007-02-04 20:48 | photolog
深まりゆく秋
 
紅葉

平年よりも気温が高い日が多いため、紅葉は遅れているのだそうです。それでも、もう今日で11月が終わりですから、さすがに、銀杏もモミジもナナカマドもきれいな色になりました。

写真の右端、切れそうなところに、柿の実がなっています。鳥がついばんでいないということは、渋柿でしょうか。

柿といえば、先日知人からいただいた柿は、珍しくゴマ入りの柿でした。何でも、最近店頭に売られている柿は、木で完熟させていないし、薬を使って甘くしているのだそうな。田舎から直送という、いただいた柿は、強力に「甘いっ!」という感じではなく、ほんのり優しい甘さでした。おいしい「秋」でした。


[PR]
# by wyenu | 2006-11-30 19:23 | photolog
ツタの葉っぱが赤くなり初めました
 
ツタ

2006年も、あと2ヶ月で終わります。もう11月だなんて、本当に「月日の過ぎるのがはやい」と感じます。ツタの葉が色づき始めました。

「秋」ですねえ。


[PR]
# by wyenu | 2006-11-01 20:39 | photolog
金木犀
 
金木犀

東京では、すっかり咲き終えてしまったのですが『金木犀』です。9月の17日からの一週間ほどは、本当によい香りをさせて咲いていました。
毎年、この花が咲くと、秋なんだなあと感じます。

花が小さくて、緑の葉が茂っている状態で咲くので、花を見つけるより先に、香りに気づいて、辺りを見回したりしてしまいます。雨で花が落ちたあと、オレンジ色の雪のようになっていて、それもまたきれいです。


[PR]
# by wyenu | 2006-10-01 22:49 | photolog
もみじのイメージ
 
もみじ

実はこの写真は、今年の5月に鎌倉源氏山公園で撮影したものです。もみじが赤く色づく季節といったら、たいていの人がこれからの季節、「秋」を思うでしょう。でも、5月にも赤く色づくのでした。
5月の源氏山公園は、真っ赤になったもみじで、ドキドキするくらいにきれいです。写真の後ろに見える緑は、桜の若葉。

今制作中のWebサイトについて、「秋のイメージで、モミジの葉を使ってほしい」という依頼がありました。世間一般には、そういうことなのねえ。確かに私自身、ごく最近まで、5月にこんなにきれいに色づくなんて知りませんでしたし。


[PR]
# by wyenu | 2006-09-19 23:15 | photolog
夏がゆく
 
ひまわり

東京の夏も、どうやらピークを過ぎたようで、ここ数日は夜になるとだいぶ涼しくなって来ました。日中みかけた蝉は、身体が白くなっていて、最後の力を振り絞って飛んでいるようでした。

ひまわりは、まだ元気です。残りの夏を惜しむように、精一杯太陽に向かって咲いています。


[PR]
# by wyenu | 2006-08-26 22:23 | photolog
おすましネコとアリのお仕事
 
おすましネコ

なんだか人でいうと「正座」をしてこちらをじっと見ている三毛猫さん。すごくお行儀がよろしい。カメラを意識しているのかしらん。目線はしっかりレンズです。

実は、ネコもなのですが、写真右下の砂がちょっとおもしろかったのです。





アリのお仕事

なんだか土が広がっているなあ、と思って近づいてみたら、何と、アリが巣を作るために「掘って、掘って、そして掘った」様子で、敷石の隙間に穴が開き、その周りに土が広がっているのでした。

敷石の下には地下道が出来ているんじゃないかと思うので、ふんだりはしないで、そっと立ち去りましたが、何匹のアリが、どれくらいの時間で運んだのでしょう。
「塵も積もれば」っていうけれど、本当にすごいなあと思った夏の日でした。
敷石の間の雑草も、かわいい!


[PR]
# by wyenu | 2006-08-19 23:14 | photolog
ネコお昼寝中
 
お昼寝中の白い猫1

夏の日の午後、日が陰っている場所で、なが~くなってお昼寝中のお嬢様猫シロ。何度か、別の場所で見ているのですが、いつもちょっと離れたところからこちらをじっと見ているような、「警戒心あります」タイプなのですが、この日はもうぐんなり延びていたのでした。暑かったしねえ。


お昼寝の邪魔をするのもよろしくないとは思ったのですが、ちょっと声だけかけてみたら、顔を上げて、でも目は開けることが出来なくって、すぐ夢の国に帰って行ってしまいました。「ねむう~~~」だって。

お昼寝中の白い猫2

猫の気持ち:お願い、声なんてかけないで。あっ、ごはんがあるんだったら別よ。
もう、ここでぐ~っとのびてお昼寝できるのが、一番の幸せ。冬になったら、丸まっちゃわないと居られないんだもの。また別の時に遊んであげるから。


[PR]
# by wyenu | 2006-08-14 23:05 | photolog
にんじんの花
 
にんじんの花その1ニンジンの花その2

笑っちゃうぐらいの満開ぶりの、ニンジンの花です。

野菜の使わないところを、小皿に水を張っておいておくと、葉がのびてきたりしてかわいらしいので、時々そうして楽しんでいます。ニンジンは、使わないままにいたんでしまったのを、そのまま土に埋めてみたところ、ぐんぐん茎が伸びて、花が咲き出したのでした。
それが、ちょっと半端じゃないのです。

web上をちょっと検索すれば、レースのようにきれいに咲いている写真が見られると思うのですが、ウチのはちょっと咲きすぎ! 右の写真はつぼんでいたのが開きだしたところで、これが少しずつはぱらっとなっていくのですが、それにしてもねえ。こんなのが5コくらいは咲いています。
きっと、これから種が出来るのだと思うのですけれど、いくつとれるのか。ちょっと怖いような気もしています。


[PR]
# by wyenu | 2006-08-13 20:47 | photolog
「いもり」登場
 
いもり

関東は、梅雨入り前より降水量が少ないような毎日です。今日も、ほんのお湿り程度の雨で、暑い日でした。

「いもり」は俳句の夏の季語だそうですが、今年もいよいよ登場しました。場所は、陶芸教室の窓の外。外が暑く、教室は冷房が効いて涼しいので、窓ガラスが冷えていて気持ちいいのかもしれません。日除けのスダレとの間にしっかり張り付いていました。しかも2匹も!

5本の指をめいっぱい広げてつかまっている様子は、ちょっとかわいらしいのです。爬虫類は苦手の私も窓越しならば愛でることができるのでした。


これで思い出したのが野良猫のクロのこと。あのコは、去年の夏のあつ~い時に、煉瓦の冷たさが気持ちよいのが、身体をぴったりくっつけてぐんなりしていたのでした。
春あたりから姿が見えなくなっているのですけれど、どうしてるかなあ。クロ



------------------------
2008年2月9日  mstsswtrさんのコメントにより、「イモリ」ではなく「ヤモリ」の間違いと判明しました。
[PR]
# by wyenu | 2006-07-01 22:56 | photolog
紫陽花(Hydrangea macrophylla form. macrophylla)
 
紫陽花:青紫陽花:赤

梅雨の楽しみは紫陽花の花。
咲き始めから今の時期が、一番きれいだと思います。
(これって、花だけじゃないかな)


[PR]
# by wyenu | 2006-06-14 14:08 | photolog
つばめ
 
つばめのご夫婦

電線に留まったつばめが二羽。向かって左の方が、道路を通った車に驚いたようで、飛び立ったら、とたんに残った方が、「ぴーぴーぴー、ぴぴーぴーー~~~」と盛んに鳴き出しました。

その鳴きようがあんまりすごいので、どうなることかとしばらく眺めていたら、飛び立った方はすぐに元の位置に戻ってきました。で今度は、二羽で大鳴き合戦「ぴーっぴぴーーー」。

まるで、
「おいおい、車が通ったくらいで驚くなよ。」
「だって、あんまりすごい音だったから、電線まで飛んでくるかと思ったんだものお。」
「何いってるんだよ。車は飛ばないぜ。」
「えーっ。車って飛べないの?」
「飛べないんだよ。大きななりしてるのにな。」
なんて、ご夫婦で話しているみたいなのでした。

もし私が「つばめ語」を話せたら、「二人で仲良しなのはいいけど、子供達がおなかをすかせているんじゃないのかなあ。帰ってあげたら?」といいたいところでした。だって、少し先の家の軒先にあった巣では、子供達が「ぴーぴー」鳴いていたので。


[PR]
# by wyenu | 2006-05-31 22:35 | photolog
藤の花見
 
藤の花その1藤の花その2

花見といえば、桜ではありますが、藤の花もきれいです。

今年は、見頃と休日の前に雨の日があって、少し花が傷んだのが残念でしたが、青空の下、風に揺れる花房は、ほんとうにみごとでした。紫の他に、ピンクや白もあります。


[PR]
# by wyenu | 2006-05-07 18:51 | photolog
う~、ワン!ハンドレッド ポイント(路上観察その2)
 
門前の何か
今年のゴールデンウィークは、好天に恵まれた日が多く、散歩好きのわたしにとっては、本当にありがたいことでした。
人混みを避けて、大通りをちょっと入った道で、あるお宅の門の前に、なにやら小さな「もの」を見つけました。写真の中央より下の方です。

ブロンズの犬
近づいてみると、なんと門にタチ○○をしている犬!!右足をちょっとあげて、門柱に……。キリッと上げた顔は、なかなかに凛々しい、などと観察していたら、なにやら気配を感じ、門の中に目をやると、

本物の犬真っ黒な本物の犬が居るではないですか。置物の何十倍かの大きさの真っ黒な犬は、わたしに向かって吠えるでなく、愛想をふるうでもなく、泰然自若。ブロンズのミニチュア犬から本物の大型犬への視線の動きは、物語です。
このお宅の方の「散歩人」に対する語りかけに、100点満点を差し上げたい気分になりました。
[PR]
# by wyenu | 2006-05-07 17:44 | photolog
<excite  ブログトップアウト