Webデザイナーwyeです。「ちょっとお茶」の気分でphotologなどご覧くださいませ
タグ:犬 ( 7 ) タグの人気記事
 
クチナシとお昼寝中
 
f0029921_20453776.jpg

クチナシの花、です。

私ったら古いひとなので、この花を見たら
「い~までは指輪も♪♪」というメロディーがうかんでしまいます。
楚々とした様子のいい香りの花なのですが、きれいな期間は少しだけで、すぐに黄ばんで枯れていきます。
この花のようだ、といわれたら、喜べるものかどうか・・・。

少し前から、この子はいつも小さい子と一緒です。ソフトバンクの「お父さん犬」と親戚でしょうか。
今日は、雨降りでしたし、蒸し暑い午後でしたので、お昼寝をしていました。
f0029921_2045509.jpg

大きい子の方は、すごくおとなしくて、いつも黙って見つめるだけなのですが、小さい子はわんわん吠えます。首輪が赤いので、女の子でしょうか。母子家庭かなあ。
[PR]
by wyenu | 2010-06-18 20:55 | photolog
やさしいかんじの犬に注目
 
f0029921_15415379.jpg

暑い時にはだらんとしていましたが、寒い時にはひなたぼっこです。
「猛犬に注意」と書いてありますが、どこにいるのかなあ~
[PR]
by wyenu | 2010-01-11 15:45 | photolog
夏が戻り犬も暑がる
 
f0029921_23131079.jpg

8月の初めのころほどではないものの、暑さが戻ってきたので、犬もだるだるです。じっと見つめてくれてはいますが、起きあがって近寄っては来ません。省エネです。
[PR]
by wyenu | 2008-09-02 23:15 | photolog
暑いんだワン!
 
f0029921_22415766.jpg

今日から就業先が変わりました。昨年末から地下鉄を使っての通勤でしたが、今日からしばらくはJRでの通勤です。駅までの道順も代わりました(地下鉄とJRの駅は、方向が違うのです)。で、今日の通勤途中、一番先にあったのは、写真の柴犬です。

暑くてちょっとバテ気味の様子。でも、道行く人の姿はみたいらしく、頭だけ門の外に出していました。なんだか悲しげな瞳です。でも、近づいたりしたら、起きあがろうとしてそのまま頭をぶつけそうなので、そおっと通り過ぎてみました。
[PR]
by wyenu | 2008-08-01 22:49 | photolog
それなりの年配なので・・・
 
f0029921_22363441.jpg

通勤時にほとんど毎朝顔を見ている犬、です。大型犬なのですが、どうやらそれなりのお年に達しているらしく、通りかかる私に目を向けても、起きあがるでなく吠えるでなく。

今日は、首もコンクリートの床につけたままで、どんよりしていて、その姿勢が、この子とそっくりなので、シャッターを押そうとカメラをバッグから取り出したところ、なんと首を持ち上げてしまったのでした。カメラを向けられて、ポーズをとるのなら、もうちょっとがんばってもらわないとねえ、です。さてさて、明日はどんな様子でお目にかかるのか。
[PR]
by wyenu | 2008-06-17 22:37 | photolog
「置かれちゃった」番犬
 
f0029921_23234864.jpg

f0029921_232442.jpg

以前、家の前に置かれた、置物の犬の写真をアップしたことがありました(こちら >>)。今日も、置物の犬です。散歩すると、野良猫にはしばしば会いますが、野良犬はほとんどいなくなって、ご主人様に連れられているか、家の前に「置かれちゃって」いるみたいです。

下の写真は、通勤時に毎日会っている「置かれちゃった犬」です。正面ではなく、少し左側をちょっと寂しげに眺めている感じです。結構リアルなので、何度か、あら犬がいる、と思ったりしました。誰を待っているんでしょうねえ。
[PR]
by wyenu | 2008-04-14 23:34 | photolog
う~、ワン!ハンドレッド ポイント(路上観察その2)
 
門前の何か
今年のゴールデンウィークは、好天に恵まれた日が多く、散歩好きのわたしにとっては、本当にありがたいことでした。
人混みを避けて、大通りをちょっと入った道で、あるお宅の門の前に、なにやら小さな「もの」を見つけました。写真の中央より下の方です。

ブロンズの犬
近づいてみると、なんと門にタチ○○をしている犬!!右足をちょっとあげて、門柱に……。キリッと上げた顔は、なかなかに凛々しい、などと観察していたら、なにやら気配を感じ、門の中に目をやると、

本物の犬真っ黒な本物の犬が居るではないですか。置物の何十倍かの大きさの真っ黒な犬は、わたしに向かって吠えるでなく、愛想をふるうでもなく、泰然自若。ブロンズのミニチュア犬から本物の大型犬への視線の動きは、物語です。
このお宅の方の「散歩人」に対する語りかけに、100点満点を差し上げたい気分になりました。
[PR]
by wyenu | 2006-05-07 17:44 | photolog
<excite  ブログトップアウト